作品紹介・入賞実績

デザイン・アートを幅広く基礎から取り組みます。
さまざまな画材や素材を用いて
平面表現・立体表現をしていく中で、
描写力や構成力、色彩感覚など造形表現に
必要な知識や技術を身につけます。

生徒作品紹介

上田先生

油絵で自画像を描く

3年の課題です。油絵具を用いて、自分自身の顔を描く課題です。自画像は多くの画家も描いているように、自分の顔と向き合い、表現していくということは表現者にとって大切なことです。「今」の自分の記録として、この課題に取り組んでほしいという願いを込めています。

上田先生

ドミナントカラー・ドミナントトーン

3年の課題です。ドミナントカラーは色相をそろえてトーンで変化をつけます。簡単に言うと同じような色を使い明るさで変化をつけるやり方、ドミナントトーンはその逆です。3年にもなると技法の知識が付き、それを作品に適用できるようになります。

上田先生

手と紙風船の画面構成

決められたモチーフを使って、自分の世界観を表現する...。制限があるからこそチャレンジする楽しみがあるのがこの課題ですね。

中島先生

連続したパターン

2年の課題です。同じ模様を連続して描きこみます。1つの絵が美しくても、連続してたくさん配置されるとあまりよくない場合もありますね。全体と1つの絵のバランスを見つけることが大切な課題です。

中島先生

ミクストメディア「鳥」

鳥を使った課題です。ただ、絵具以外の画材も利用しなくてはいけません。輝きを表すために真珠(イミテーションですが...)を利用しています。

中島先生

かわいい・切ない・音が聞こえる

3年の課題です。テーマに応じた気持ちを表す絵を描きます。人物イラストは生徒のみなさんが一番好きなテーマです。かわいい顔したり、切ない顔したり自分のテーマとおりの顔をして一生懸命に取り組んでいる姿を見ているのも楽しみな課題です。

河村先生

文字を入れた画面構成

2年生の課題です。「LIFE」という言葉のテーマに沿って、自由に発想して描く課題です。最後に美しく文字をレタリングして完成。同じテーマでも個性が光ります。

河村先生

「Memory」

3年生の課題です。「memory」というテーマに沿った作品を仕上げます。解釈がさまざまで、面白いです。

河村先生

漢字1文字からシュールリアリズム:4つのアイテムをランダムに選ぼう

3年生の課題です。「4つのアイテムからなる画面構成です。その中の1つは鉛筆で書き込みます。鉛筆画特有の緻密な描写が不思議な空間を作り出してくれます」。

スケッチ会

年に1回、スケッチ会を行っています。東山公園・名古屋城・名古屋港へ出かけてきました。今年は名古屋城が天守建て替え工事のため取り壊し工事に入りますのでしばらくはいけませんが、木造天守の名古屋城を早くスケッチしたいですね。

感情を表す画面構成

ストーリーイラスト

ステンドグラス

save me

各種コンペ入賞実績

本校生徒が取り組んだ公募作品の実績を紹介します。

伊丹市立図書館ことば蔵主催 第1回しおりんピック

〔金メダル〕2年生 一瀬真里奈さん

岐阜県本巣郡北方町 第9回「未来につなぐ心の糧」作品公募事業実行委員会主催

〔一般(アート)の部 入選〕2年生 万浪美咲さん

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)主催 第10回IPA「広げよう情報モラル・セキュリティコンクール」

〔ポスター部門 優秀賞〕3年生 板倉諄哉さん

内閣府・防災推進協議会主催 第30回防災ポスターコンクール

〔入選〕1年生 猪俣理沙さん

株式会社アイデア工房主催 第8回心に届け!年賀状コンテスト

〔作品賞〕2年生 川松永奈さん
〔作品賞〕2年生 原由里子さん

愛知県印刷工業組合他主催 第5回ポスターグランプリ

〔北越紀州販売(株)賞〕1年生 猪俣理沙さん
〔(株)メディアテクノロジージャパン賞〕
3年生 佐藤実紅さん
〔入選〕3年生 横井美晴さん